日焼け止めクリーム 合わない

日焼けはイヤですよね、

どんどん日差しが強くなってきて、毎日出かけるたびに、「あ〜、イヤだぁ」って思う季節になってきました。
ホントにお日様がにくたらしくなります!

 

薄い物を上に羽織ったり、あえて長袖のシャツを着たりしてはみるんですが、私もともとタンクトップ派なんです。
腕は細くないけど(*^^*)

女性日焼け

 

若い頃から日焼け止めクリームを愛用していました。
でも、子供ができて、あまり腕や首にクリームを付けたくないのと、ベタッとするのが煩わしくなってきました。
クリームって、ちゃんと効くだけ塗ろうと思ったら、私がケチケチ使っていた量よりたくさん塗らないといけないことを知った時は、正直少しショックでした。

 

そうは言っても日焼けはイヤだしなぁって思うので、クリーム以外に何かないのかなって、いつもモヤっとしてたんです。
そんな私に、ある時主人が言うんです、なにげに。
「飲む日焼け止めってあるらしいよ」

クリームが肌に合わないなら、

私のような場合だけじゃなくて、クリームを付けたくない人もたくさんおられるでしょう。

 

そもそも肌が敏感だったり、アレルギーが出やすい人だったり、人によっていろんなケースがあると思います。
薄く塗ってなんとかしのぎたいところだと思うんですが、先ほども触れたように、日焼けを十分に防ぐには相当程度の量のクリームを塗る必要があります。
クリームを防御膜として利用するわけですから、一定の厚みが必要だということは想像できますよね。

 

私もそうでしたが、何とか薄く少なく塗りたいっていう気持ちと、たくさん塗らないと効かないよねぇっていう頭での理解の間のジレンマみたいなのがもどかしい時期がありました。
飲むタイプの日焼け止めのことを知ったときは、ちょっと疑心暗鬼だったんですけど、身体の中からっていう違いに惹かれた気がします。即効性は劣るかもしれませんが、少しでも焼けにくい肌になるんだったら、試してみてもいいのかなっていうくらいの気持ちでした。

 

ただ、私は大丈夫なんですが、「身体の中から」ですから、肌のアレルギーなんかとは別の形のアレルギーもあり得ますし、試す前には成分に自分に合わないものが入っていないかといったことは確認した方がいいです。

最近話題にもなっているのでは、

「飲む日焼け止め」って、聞いたりすることありませんか?
私が今飲んでいるのはホワイトヴェールという商品なんですが、同系統の商品は他にもあります。
他の商品の名前なら知っているという人も多いかもしれませんね。

 

ホワイトヴェールの含めて、いくつかご紹介しておきます。
お店のサイトをのぞいてみて、試してみよかなって思ったら、しばらく飲んでみるのもいいかもと思います。
私は「日焼けがマシになってきた気がする」って主人に言ったら、「しばらく飲んで本当にそういう実感あるんやったら、飲んだ甲斐はあるってことかな」って、励ましなのかよく分からないコメントをくれました(^^)
実際に日焼けの度合いが少なくなっていることを願って、もう少し飲んでみます。

 

 

ホワイトヴェール

 

 

雪肌ドロップ

 

 

飲む日傘サプリメント「インナーパラソル16200forUV」

 

 

一番いいのは、

もちろん、陽にあたらないことが何より大切です。
春や秋の季節の変わり目には、炎天下にいるわけじゃなくて、日陰にいるつもりでもしっかり焼けますからね。
紫外線の強さ、影響の受け方って、必ずしも直射日光の浴び方だけで決まるわけではないことも、最初に知ったときには目からウロコでした。
ゴールデンウィークの頃なんて、夏にもなっていないのに、びっくりするくらい焼けますよね。

 

私は結構日傘を持って歩くんですよ。雨傘兼用なんですけどね^^;

女性日傘

 

傘でも直射日光は避けることができるんですけど、やっぱり少し焼けていく自分がわかります。
ヘタな営業の人より私は焼けてるんじゃないかって、鏡を見てゲンナリすることもありますし、やっぱり大阪の日差しは特にキツイのかなぁって恨めしくなります。

 

皆さんも強い日差しはしっかり避けて下さいね。
日陰にいても舐めちゃダメですからね。
日焼けがイヤだからって、クリームだ、飲むサプリだっていう前に、
まずは日差しから逃げておくこと、それが一番です。
忙しいと、なかなかそうも言ってられないのが悩ましいんですが...